• Sun Shade/サンシェード
  • Cushion/クッション
  • Cargo Flat Mat/カーゴフラットマット
  • Bed Kit/ベッドキット
  • Handle Cover/ハンドルカバー
  • Neck Pad/ネックパッド
  • Dashboard Mat/ダッシュボードマット
  • Seat Cover/シートカバー
  • Floor Mats/フロアマット
  • Generic Floor Mat/汎用フロアマット
  • Mouton/ムートン
  • Tarp/タープ
  • Side Visor/サイドバイザー
  • Elctric Appliance/電化製品
  • Other/その他
  • Processing Request/加工依頼品

PRODUCT

Loop Floor Mats<1.8m Roll>
ループフロアマット<1.8mタイプ>

全天候型フロアマット
究極の機能性フロアマットを追求した本格フロアマットです。フロアマット本来の用途を一から考え直し、水を通さず、ゴミ・砂・ホコリをしっかりキャッチしフロアマットの外に逃がさず、掃除の際は水洗いや、叩きで、かんたんにキレイになります。

1.8m巻き ヒールパット&ストッパー金具一式付き
ヒールパットが標準装備され、運転席に最適なストッパーやフックが標準装備されたマットになります。
<運転席・助手席センターマットまでカバーできる長さです。※1>
※1一部車両を除く

・納期 2~5営業日(要在庫確認)
・生産地 海外委託生産
・ブランド BRAHMS

SHARE
インターネットで探す
お店で探す

製品仕様

Layer Image<構造イメージ>

特徴

ハサミで簡単フリーカット
ハトメ&ストッパー&フック付きで滑り止め対策も万全
繊維フロアマットと比べ防汚性能は段違い
防水止水なのでお車が濡れるのを防ぎ、カビの発生を未然に防ぐことが可能
マット裏面にはMasoloと言うマジックテープのような歯が付いており、お車内装のフェルト生地に食いつきます。※一部車両を除く
防水止水からマット表面までの高低差があり表面に水分がつきにくい構造です。
残った生地は様々なところにご利用頂けます。
砂・雪・泥・ホコリなど、メンテナンスに優れております。

目的別商品案内

●ロールマット<1.8mタイプ>
【フロント座席用】
詳細
運転席・助手席・センターマット分(※1)
※1 一部車両を除く。
●ロールマット<2.0mタイプ>
【後部座席用】
詳細
2列目+トランク部分or2列目+3列目
注意…車種により大きな差異が生じることが想像できます。ご確認後お求めください。
●ロールマット<3.2mタイプ>
【1台分用】
詳細
運転席+助手席+センターマット分+後部座席
注意…車種により大きな差異が生じることが想像できます。ご確認後お求めください。

設営方法

設営方法

フロアマットの裁断方法

【ご用意して頂くもの】
①本製品
②現在お使いのマット、または型取りした紙
③チョークやチャコペンシルなど
④ハサミやカッターなど
⑤ハンマー(ハトメの装着時にご使用します)
①運転席の場合…本製品のヒールパットの位置をあらかじめ確認します。
②運転席の場合…本製品を裏向け、現在お車に敷いてあるフロアマットを重ね、ヒールパットの位置を確認します。
③一旦設営されるすべてのマットを本製品の上に乗せ用尺や裁断イメージをご確認ください。
【ポイント】現在お使いのマットまたは、型取りした紙も裏向きに置いてください。
④裏面にチョークやチャコペンシルで下絵を描きます。
⑤ハサミまたはカッターでカットしてください。
刃物を扱う際は十分にご注意してください。
⑥上図のようなイメージでカット出来たら、同様の作業で全てのマットをカットしてください

ハトメの取り付け方法

【ご用意して頂くもの】
①本製品
②付属のハトメ
③付属のポンチ(穴開けるもの)
④下敷き(木材やまな板)
⑤ハンマー
①お車にストッパーが付いている際は、その場所に合わせて、チョークまたはチャコペンシルでチェックをして下さい。
チェックした位置に付属のポンチで穴を開けます。穴を開ける際には、周囲に気をつけ、下に木材やまな板などを置いて、その上で穴を開けて下さい。
(上図を参照)
②上図のようになります。
③本製品を挟むように付属のハトメで仮固定させます。
【ポイント】
微調整を行えるよう付属のポンチ穴は、若干小さくなっております。お車のフック位置に合わせ微調整を行い穴をちょうど良い寸法にハサミでカットしてください。
④ハトメの向きを合わせます。
⑤しっかりと挟み込み固定させます。
⑥上図のようになります。

(車両側)フックの取り付け方法
車両にストッパーフックがもともとついている車両には必要ありません

【ご用意して頂くもの】
①カッター
②付属のフック
③チョークまたはチャコペンシル
①ストッパーが車両に装備されていない車両にはループフロアマットのハトメ位置に合わせて、【車両側の内装生地】に目印をつけます。上図参照
②上図のように本製品の上から目印を付け、そこから4cm下げたところに、幅2cmの切り込みを入れます。
③②の図の解釈で上図のイメージで切り込み位置に線を入れます。
④③で入れた線に合わせてカッターで切り込みを入れます。
⑤上図のようになります。
⑥切り込みに付属のフックを差し込みます。
⑦本製品を装着させマットがズレないことを確認し完成です。

保障内容と重要なお知らせ

保証とアフターフォロー

お買い上げ日より1週間以内の初期不良に関しましては、無償にて交換させていただきます。お買い上げ日より8日を過ぎますと有償にて交換・修理のご対応となります。予めご確認の上お買い求めください。使用想定年数は3年です。しかし、使用方法や使用頻度・環境により使用期間は短くなる場合がございます。不具合や違和感・劣化を感じましたら直ちにご使用をお止めください。※保証対応には①商品②お買い上げ時のレシート又は明細書が必要になりますので、大切に保管下さい。紛失されますと保証の対応を致しかねますので、あらかじめご了承下さい。

関連商品